「株式会社ゆとりな」は介護事業を中心に、明るい地域社会の手伝いをさせて頂く会社です。

〒178-0046 東京都練馬区南大泉5-29-9  03-5935-6263

研修、会議、カンファ

RDS合同カンファ2017年7月

今回のカンファは、ここ1~2か月に入られた、

お客様の情報共有を行いました。

通われる前の書面上での情報に加え、

実際に通い始められてからの現場での

情報を共有し、新たな気づきを得る場となりました。

現場での何気ない会話を見逃さない、共有する事の

大切さを改めて感じたカンファレンスでした。

デイサービスゆとりな第3回地域密着型運営推進会議

デイサービスゆとりな

第3回地域密着型運営推進会議

行いました。

いつもの活動報告の後、

今回は事例を通じての家族支援について、

各事業所の方に報告をして頂きました。

ご家族の中には、他人の方に迷惑をかけてはいけないという

思いが強くなり過ぎてしまう事もあります。

 

日々、近くにいる事で当人が認知症という事を

頭では解っていても、時折忘れてしまう事もあります。

その日々のやり取りの積み重ねでストレスが重なり、

日々の介護に疲れてしまう事があります。

 

我々、デイサービスでも訪問サービスの事業所の方も、

そういった家族のご様子をちょっとしたやり取りの中で、

感じ取り、情報を共有する事で少しでもご負担が減る支援を

チームでさせて頂きます。

しいては、それがご利用者様の安心した生活の支援にもなります。

 

今回、参加して頂いた民生委員の方で元教師の方から、

昔、不登校になっていた生徒のカンファレンスを地域の方々と

した事を話してくださいました。

様々な視点を共有する事で色んな気付きがあったとの事。

 

今回の会議にて、改めてチームケア、地域で連携をする、

まさに地域包括ケアの大切さを学びました。

 

今後もより地域で連携が取れる事業所として取り組んでいきたいと

思います。

ゆとりな避難訓練 H29.7

ゆとりな、今年初の4事業所合同避難訓練を実施しました。

 

まずは地震発生。机の下に隠れれる人は机の下へ。

難しい人は、周りから物が落ちてこないかを確認しつつ、

スタッフが横に付き添います。

揺れが収まった後は、

怪我人がいないかをを確認し、外へ避難。

デイサービスは避難経路を2か所確保しないといけないので、

普段の出入り口とは違う所から外に出ました。

 

ゆとりなのデイのお客様は、災害時にすぐ避難が出来るように踵のある上履きを履いて頂いております。

スタッフも同様に全員クロックス等を履いています。

避難所まで歩行が困難な方には車いすでお連れします。

ゆとりなが恵まれているのが、避難拠点が、

目の前の小学校にある事!

運動場への入り口も30mほど・・・

少し日差しの暑い中でしたが、

皆さん熱心に参加してくださいました。

お疲れ様でした!

平成29年6月内部研修

6月内部研修「感染症について」

今月はデイ看護師からの感染症について。

看護師さんからの説明はやはり説得力があります。

参加者も、まず自身が注意する事を再認識してました。

第1回「ゆとり~む」

「第1回ゆとり~む」開催致しました!

ゆとりなの新たな試み。

”ゆとりなの夢(ドリーム)”、略して、「ゆとり~む」!

「ゆとりな」の理念・ビジョンを再共有し、

その後、グループで地域作りのアイデアを考え、

発表してもらいました。

一人一人、色んなアイデアがどんどん出てくる・・・

今日出たアイデアが積み重なって、

数年後の”ゆとりな”を担っていくかもしれません!

その後は、交流会。

事業所の垣根を越えて盛り上がってました!

設備点検・消火器訓練 H29.6月

年に2回の設備点検。

今年最初の点検でした。

避難経路の誘導灯、消火器、火災報知器・・・

問題なし!

最後は、訓練用の消火器で消化訓練。

 

ゆとりな消防計画、次回は7月避難訓練!

DS合同カンファ2017年5月

今回の合同カンファは、

センター方式を用いてのアセスメントの再確認。

改めて、お客様に対しての認識を再共有する大切な機会となりました。

なんとなくのイメージを言語化し、共有していく事で、

またひとつレベルアップした支援が出来る事と思います!

平成29年5月内部研修

今月の研修は「接遇・マナー」という事で、

ホスピタリティを学びました。

座学だけでなく、後半は1対1で、

インタビュー形式で相手の話を聞き出すという事をしました。

「インタビュー=相手に関心を持って接する」

傾聴でなく、さらに一歩踏み込んだコミュニケーション。

当たり前ですが、インタビュー受ける側は気分がいい。

そういった感覚を知る事を学びました。

ホームケアゆとりな入社説明会

平成29年4月から再開するホームケアゆとりなの入社説明会を行いました。

ゆとりなの理念を新たな仲間に共有して頂きました。

その理念に基づき、今後とも地域に根付いた活動を行って参ります!

リハビリデイサービスゆとりな第2回地域密着型通所介護運営推進会議

リハビリデイサービスゆとりな

第2回地域密着型運勢推進会議

行いました。

 

前半はプロジェクターを用いての活動報告を行い、

後半は、百聞は一見にではないですが、

今回は「体験型運営推進会議」を行いました。

参加者の方に2つのグループに分かれて頂き、

Aグループ―マシントレーニング

Bグループ―個別リハビリ

を体験して頂きました。

個別リハビリでは、

ストレッチボード、ステップボード、

エアロバイク、メドマーの4つを体験。

高齢になると、足首が固くなる。

太ももの筋力が低下するので、すり足になる。

この2点でつまづき転倒のリスクが生まれる。

それをストレッチボードで足首を柔らかくし、

ステップボードやレッグプレスで、

太ももの筋力をつける事で、転倒予防になる。

 

そういう事も、やりながらの方が、

こちらも説明しやすいし、理解してもらいやすいという事で、

体験型、大成功だったのではないかと思いました。

要支援、要介護の認定を受けている方が、

こんなにリハビリ頑張っているんだという事も

実感して頂きよかったです。