「株式会社ゆとりな」は介護事業を中心に、明るい地域社会の手伝いをさせて頂く会社です。

〒178-0046 東京都練馬区南大泉1-13-15  03-5935-6263

11月

第4回ゆとりょ~こう「秩父」

10月に行く予定が雨天順延になり、

寒さの心配もありましたが、

天候に恵まれ最高の旅行日和でした。

まずは「和銅聖神社」にお参り。

裏口に車を駐車させて頂き、バリアフリーにて参拝。

日本通貨発祥の場所。金運アップですね、皆さん!

続いて「秩父神社」を参拝。

こちらの楽しみは「水占いみくじ」

水に浸すと占いの結果が浮かび上がるもの。

きちんとしゃがむのも普段のリハビリの成果です。笑

見事の「大吉」の2名。

皆と共有する人もいれば、

一人クールにたたずむ人と対照的です。

仲良し三姉妹?

仲間と手を取り合い、階段も上り下り。

そして秩父駅前に新しくできた、

「祭りの湯」のフードコーナーにて昼食。

普段以上に会話も弾み、食事も進みます。

  

食後に隣のお土産コーナーへ。

これを一番楽しみにしている人もいるかもです・・・

最後は「秩父ミューズパーク」に移動し、

全長3キロの園内を横断する「スカイトレイン」に乗車し、

紅葉鑑賞。

       

思ってたより寒さもなく、最高の旅行日和。

そして最高の笑顔。

      

移動中に「ほんとに楽しい、幸せだな~」

という言葉を耳にした時、

普段の支援ではなかなかそこまでの言葉を聞かれないので、

今後もこういった支援を提供していければと改めて思いました。

 

合同勉強会(イエクル勉強会)2017年11月

地域に沢山勉強会はあるけれど、

整形疾患・神経疾患関連の勉強会があまりないとの話から始まった勉強会。

気付けば、地域で多職種の勉強会に発展しました。

今回は第2弾。「認知症の方の転倒骨折」をテーマに、

座学と模擬担当者会議という形でワークを行いました。

全部で8職種(ケアマネジャー、訪問介護、通所介護、看護師、セラピスト、マッサージ師、薬剤師、福祉用具)で1グループを構成。

最初に転倒骨折の箇所の違いや手術の違い、

在宅生活での注意点をイエクルの大上先生から講演。

後半は泉ライフ薬局の曾田先生から認知症状と薬物療法について講演。

その後、グループワークにて仮想事例による模擬担当者会議。

課題検討、優先順位、サービスの選定後、

リハビリの目標共有、連携ポイント、転倒リスクや

認知症状における各サービスにおける注意点等を確認。

研修のねらいとして、

・多職種の目線の違いを知る事

・想像する事で先の見立てが出来るようになる事

・連携のポイントを知る事

限られた時間の中でしたが、

色んな気付きを得て頂いた様子がアンケートにも表れてました。

何よりこういった勉強会を地域でする事で、

顔の見える関係から、お互いに何でも聞ける関係が作れるようになる事。

お互いの考えている事、知りたい事を知る事で、

よりチームがレベルアップし、よりよい支援が出来る事。

今後とも地域の事業者の方々とお互いに切磋琢磨し、

レベルアップして地域に還元していければと思います。

 

平成29年11月内部研修

11月内部研修「リスクマネジメント」

今回は、デイサービスと訪問介護に別れて事例検討。

どんな所にリスクがあるか?リスク認知の心理特性とは?

「怒り」についての捉え方。お客様の心情を理解するとは?

ここまでを座学で共通に学び・・・

その後、事例検討でグループワーク。

デイサービスで起きうるリスク管理、訪問介護で起きうるリスク管理。

デイサービスでは集団ならではで起きる事故事例を検討。

訪問介護では時間に追われる中で起きる事故事例を検討。

小さなヒヤリハットが積み重なり、大きな事故に繋がる事を再確認しました。

ミスを100%失くす事は出来ません。

小さな変化に注意しつつ、リスク認知の心理特性も理解しながら、

大きな事故になる前に対策をしていく事を学びました。

秋のフリーマーケット2017

恒例の秋のフリーマーケット。

ゆとりな、ドリンク販売とドキドキくじ引きにて参加させて頂きました。

もちろんお客様のメインは子供達・・・

 

普段、高齢者の方と関わる自分達ですが、

子供たちの笑顔も負けず劣らず、癒されます・・・

10月は雨ばかりでしたが、11月に入り、秋晴れの晴天の中、

沢山の方にご来場いただきました。

来年はまたスプリングフェスタにて!