「株式会社ゆとりな」は介護事業を中心に、明るい地域社会の手伝いをさせて頂く会社です。

〒178-0046 東京都練馬区南大泉1-13-15  03-5935-6263

07月

令和元年7月イベント

6月は諸事情にてレクお休み・・・

7月は、当スタッフ白阪の元バンドメンバーで、

現在「サクピクルス」でユニット活動しているお二人に来て頂き、

白阪との共演にて、お笑い音楽ライブを届けて頂きました。

1、逆ギャンブラー

2、親

3、糸(中島みゆきカバー)

4、温泉ストーリー

    

ライブ後にじゃんけん大会で勝った人に、

「サクピクルス」のタオルをプレゼント!

歌と笑いのエンターテイナーを皆様にお届け出来たと思います。

またのご出演お待ちしております!

福祉の音~Vol.2~

福祉の音~Vol.2~

福祉の福祉による福祉の為の音楽イベント、

今年は、江古田BUDDYにて開催されました!

朝9時に会場入り、リハーサル開始。

聞いてる時はリラックス、リハーサルでは緊張・・・笑

受付を手伝ってくれる4姉妹も集合。

そして12時開演。すでに満席!

1番目は、NewCowbell

1、「ブルーシャトウ」ブルーコメッツ

2、「OldTimeJazz」高橋真梨子

3、「カントリーロード」ジョン・デンバー

4、「HeyJude」ビートルズ

2番目は、ザ・タートルズ

1、「情熱」UA

2、「スワロウテイルバタフライ」Chara

3、「丸の内サディスティック」椎名林檎

4、「何度でも」ドリカム

3番目、A BAND

1、「ジャンピングジャックフラッシュ」ローリング・ストーンズ

2、「Whiteroom」クリーム

3、「Wonderful tonight」エリック・クラプトン

4、「we will rock you~we are the chanpion」クィーン

4番目、KURUMITAMA

1、「冒険者たち」Do As Infinity

2、「タマシイレボリューション」Superfly

3、「GLAMOROUS SKY」中島美嘉(NANA)

4、「さくらんぼ」大塚愛

5番目、MOB

1、「本日ハ晴天ナリ」Do As Infinity

2、「大不正解」back number

3、「完全感覚dreamer」ONE OK ROCK

4、「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」サンボマスター

終演後は出演者、お客様で記念写真!

会場にて中打上げ!

出演順にご挨拶。

昨年と比べ、会場も出演者の演奏・パフォーマンスも

グレードアップ!大成功のイベントとなりました!

来年も福祉業界を盛り上げるべく、

福祉の音を奏でたいと思います!

合同勉強会(イエクル勉強会)2019年7月

令和最初の合同(イエクル)勉強会、

今回のテーマは「ゴミ屋敷と転倒骨折」

大上先生から「膝蓋骨骨折」の講演と、

會田先生から「薬の副作用による転倒リスク」に

ついての講演後、グループワークがスタート。

ケアマネジャーからの発表。

會田先生からの振り返り。

今回は、なかなか支援に応じてくれない方への

アプローチと同居家族への支援を検討してもらいました。

今回の特別講師、南大泉地域包括センターの林先生より

「ゴミ屋敷について」の講演をして頂きました。

閉会の挨拶は、運営の青木さんから。

今回は、ひとつの目標に対して、

多職種の様々な目線で考えられた事、

流行りの8050問題の家族支援を

これまたそれぞれの目線でディスカッション出来た事が、

これぞチームケアといった所が見えました。

様々な目線を知る事で個々の支援力があがり、

地域力が上がればと思います。

第8回ゆとりょ~こう「宇都宮ギョーザと益子焼」

第8回ゆとりょ~こう「宇都宮ギョーザと益子焼」

予定では「華厳の滝」を観に行く予定でしたが、

あいにくの雨の為、予定を変更し益子焼きを観に行きました。

まずは食の楽しみ、宇都宮ギョーザ。

焼き餃子、蒸し餃子、水餃子の食べ比べ等、

普段の3倍くらいは食べられたのでは?

というぐらい皆さんよく召し上がってました。

食後は「益子焼センター」へ移動

普段は言いづらい家族への感謝を益子焼に変えて・・・

一生懸命選んでました。

透析の方は普段、水分制限があるので、

これなら我慢できると小さい湯飲みを買われてました。

一回りしてから、ティータイム。

今回は過去最大、お客様11名、スタッフ6名の17名!

そして車いすの方5名とスタッフも頑張りました。

車椅子の方が、こんなに楽に旅行いけるならと言って

頂けるだけでスタッフも疲れなんてありません。

加えて要支援の方が車いす押したいと手伝ってくれました。

こういった共助も素敵な一面です。

帰りのSAでも元気にお土産を選ばれてました。

今回印象的だったのが、翌日も元気にデイに来られてた車いすのお客様が楽しそうに旅行の話をされていて、今回参加されなかったお客様も行く気になっていた事。

これまで旅行の企画を重ねてきましたが、まだまだお客様の中には旅行に対してのご不安が強い・・・

こちらが色々工夫して下見も含めてなるべく負担のないように段取り提案するより、やはり生のお客様の声が一番効果があるというのを改めて学びました。

あと嬉しかったのが、認知症状のある方が、

翌日「昨日はお世話様でした」って!

エピソード記憶というものでしょうか。

いつも以上に生き生きした表情で過ごされてました。

皆さん、スタッフのお蔭と言って頂けますが、

先にも書きましたが、車いすでも、認知症があっても

皆で助け合う雰囲気が嬉しくてなりません。

一人暮らしの方、核家族の方、これからもこうやって、

地域で助け合っていければと思います!